くも膜下出血

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因

投稿日:

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因

突然、今までに感じたことのない頭痛を発症し、あたかも突然死のように息絶えてしまう…それがくも膜下出血です。

そんな恐ろしい症状を持つくも膜下出血には、さまざまな原因があるといわれています。

では、くも膜下出血を引き起こす原因は一体どのようなものなのでしょうか?

ここでは、くも膜下出血の病気内容・くも膜下出血の症状と2種類の原因についてご紹介していきます。

 

1.くも膜下出血は一体どんな病気?

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因高齢者に発症するというより、40歳を超えた中高年層に発症する場合が多いくも膜下出血は、非常に死亡率が高い病気です。

事実、くも膜下出血を発症すると約50%の確率で死に至ります。

私たちの脳は頭蓋骨で守られていて、その内側にさらに脳を守る「硬膜・くも膜・軟膜」で保護されています。

さらにくも膜と軟膜の間には空間があり、その空間には脳脊髄液栄養血管が絶えず循環しています。

実は、くも膜下出血とは脳脊髄液・栄養血管に何かしらの異常が発症→脳内出血→そして、骨髄髄液と血液が混じってしまう症状なのです。

とにかく、私たちは「くも膜下出血=死亡率約50%」であることを認識したうえで、原因と思われる兆候があれば早め対応をしなければなりません。

 

2.くも膜下出血が原因で発症する症状

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因そんな恐ろしいくも膜下出血は、どんな症状を発症してしまうのでしょうか?

ここからはくも膜下出血が原因で発症する症状と医学的な原因について説明していきます。

 

①激しい頭痛と嘔吐を発症する

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因まずくも膜下出血を発症した人によると、激しい頭痛嘔吐を繰り返すといわれています。

もちろんその症状がくも膜下出血の絶対的な原因というわけではありませんが、可能性としてしては高いと思われます。

 

②目の異常を感じる

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因またその原因に付随して、目に異常を感じる人もいるようです。

例えば…目全体が痛む・物がぼやけて二重に見える・まぶたが異様に重い…等々。

しかしくも膜下出血の原因と思われるこうした症状がすぐ治まってしまい、結果的にくも膜下出血の前兆を見逃してしまう場合が往々にしてあります。

どちらにしても私たちたちは一度でも上記に明記した症状を発症した場合、病院に検査に行ったり、自身の体調管理をより意識的にすることが必要です。

 

3.くも膜下出血になる2種類の原因

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因くも膜下出血が発症する原因は、頭部から外傷を受ける(外傷性)脳内の血管が突然に破裂する2通りのタイプがあります。

ここからは、くも膜下出血になる2種類の原因について説明していきます。

 

①「動脈瘤」が破裂したため

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因このくも膜下出血の原因は、主に脳の動脈瘤が破裂することによって引き起こされます。

動脈瘤とは血管にできたコブのようなものでその形状は1~6mmで、全ての人が持っているわけではありません(人口の2~3%)。

実は動脈瘤自体は病気でも何でもないのですが、非常に怖い点があるのです。

それが動脈瘤の破裂です。

動脈瘤が破裂してしまうと、激しい頭痛や嘔吐を発症し意識不明の状態に陥ります。

しかし何故、動脈瘤が突然破裂してしまうのでしょうか。

例えば私たちは、激しく怒る・興奮する・激しい運動をしたりすると、一気に血圧が上昇します。

その結果、血管がその圧力に耐えられなくなり、動脈瘤が破裂してしまうのです。

もちろん、それだけが原因ではありません。

それ以前に高血圧といった生活習慣病を発症していれば、そうした気持ちの高ぶりに病気が反応して、一気にくも膜下出血を発症してしまうのです。

 

②「脳動静脈奇形」が破裂したため

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因またくも膜下出血の原因として、脳動静脈奇形の破裂が挙げられます。

脳動静脈奇形とは、正常でない静脈と動脈が毛細血管を介さず直接繋がってしまうことによって破裂…くも膜下出血を発症してしまうのです。

そして脳動静脈奇形の場合、動脈瘤と違い若年層に発症しやすい傾向にあります。

動脈瘤破裂・脳動静脈奇形のコブは大きいものであればレントゲンで発見することができますがが、小さなコブであればレントゲンにも映りません。そしてもちろん、自覚症状もありません。

だからこそ前兆を見逃さず、しっかりした予防を心がける必要があるといえます。

 

まとめ

くも膜下出血はどんな病気?くも膜下出血の症状と2種類の原因くも膜下出血の病気内容・くも膜下出血の症状と2種類の原因についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

近年では、高齢者だけでなく若年層でくも膜下出血を発症するケースが増えてきてます。

くも膜下出血は発症後の死亡率50%ととても恐ろしい病気です。

くも膜下出血の前兆を見逃さず、しっかりした予防を心がけていきましょう。

他にこんな記事も読まれています

-くも膜下出血

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.