脳梗塞

脳梗塞の恐ろしい症状とは?脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策

投稿日:

脳梗塞の恐ろしい症状とは?脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策

脳血管障害の1つに脳卒中があります。

そして、脳卒中は大きく3つの症状に分類することができます。

脳内出血・くも膜下出血、そして「脳梗塞」です。

脳梗塞は脳の血管が詰まる症状で、脳内出血とくも膜下出血は脳の血管が破れる症状をいいます。

毎年、25万人以上いるといわれる脳卒中患者。

では、脳梗塞とは具体的にどのような症状を発症するのでしょうか?

ここでは、脳梗塞の症状や脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策についてご紹介していきます。

 

1.脳梗塞の危険な症状

脳梗塞の恐ろしい症状とは?脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策脳梗塞の症状…それは自分自身の人生を大きく狂わせるだけでなく、症状によっては命を落とす危険性のある病気だといわれています。

まず脳梗塞の症状は、私たちの脳内で発症します。

脳内で発症は何かしらの作用によって、脳の一部の血管が詰まることによって(血の塊=血栓)血流が止まってしまう症状を指します。

そして脳梗塞の症状が「何故、怖いのか!」というと、脳内の一部に血流が流れなくなる→その一部分の脳の動きが、死んでしまうことを意味しているからです。

脳の一部が死んでしまうと…それは片麻痺であったり、失語症(言語障害)であったり、感覚障害・視野障害・情緒障害といったさまざまな症状を発症することになります。

もちろん脳梗塞の症状を発症したとしても、まったく何の影響もない人もいますがそれは非常に稀であるといえます。

 

2.脳梗塞の症状の中で最も多い症状とは?

脳梗塞の恐ろしい症状とは?脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策また脳梗塞の症状の中でも、もっとも多いとされるのが「アテローム血栓性脳梗塞」です。

一般的に脳卒中の症状を発症する原因は、高血圧・高脂血症などの動脈硬化(生活習慣病)といわれています。

そして脳梗塞の症状を発症するアテローム血栓性脳梗塞は、コレステロールの塊が血管に付着することで発症する症状なのです。

「付着した塊が大きくなり、血管の幅が狭くなる」→「その結果、血流が悪くなる」→「血流の圧力に耐えられなくなり、塊が剥がれる」→「剥がれた部分を修復するため、血栓ができる」

この血栓が脳内の血管で詰まった結果、脳梗塞の症状を発症することになるのです。

 

3.脳梗塞を発症した場合の死亡率と後遺症

脳梗塞の恐ろしい症状とは?脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策脳梗塞の症状を発症した場合(明確な症状が出た人)、全体の約15%が死亡するといわれています。

しかも恐ろしいのは全体の約50%が何かしらの重度後遺症を起こし、中には一生介護が必要になる人もいるからです。

また数字上から判断すると、脳梗塞の症状を発症した約35%は普通に回復して日常生活を過ごしているのことになるのですが、その人たちは再発に気を付けることになります。

ここに、ある数字を羅列します…「1年、3年、5年、7年、10年」。

この年数は、気を付けなければならない再発率を意味します。

1年目に再発しなければ3年目に気を付ける、3年目に再発しなければ5年目に気を付ける、5年目に再発しなければ7年目に気を付ける…。

脳梗塞の症状を発症した人にとって、再発は恐怖以外の何ものでもありません。

何故なら再発した場合、後遺症の損傷範囲が広がるからです。

例えば右片麻痺を発症していて、再発によって左片麻痺を発症してしまったら全身麻痺となってしまいます。

そうした脳梗塞の症状を考えれば考えるほど、とにかく再発だけはなんとか避けたいとものなのです。

 

4.脳梗塞の再発の予防策とは?

脳梗塞の恐ろしい症状とは?脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策では、そうした脳梗塞の症状の再発を防ぐために、何をしたらいいのでしょうか?

まず、脳梗塞の根源でもある高血圧を防ぐ必要があります。

「高血圧=動脈硬化」を引き起こし、当然、脳梗塞の症状の発症率も高まります。

そのため高い数値を下げるため、薬を処方して血圧をコントロールする必要があります。

ちなみに目標となる血圧は、上が140mmHg未満/下が90mmHg未満に。

とにかく脳梗塞の症状を発症した人(予備軍)/生活習慣病の症状を発症した人は、自分自身で血圧を計ることが予防に繋がります。

そして高血圧と同じように、高脂血症を改善する必要があります。

高脂肪血症とは血液中のコレステロールや中性脂肪が増加した状態を指し、高ければ高いほど、動脈硬化が進み脳梗塞の症状を発症(再発)する可能性が高くなります。

そのため総コレステロール値を 200mg/dl以下/中性脂肪値を150~200mg/dl以下/LDL(悪玉)コレステロール値を 120mg/dl以下/HDL(善玉)コレステロール値を40mg/dl以上にする必要があります。

ちなみにコレステロール値や中性脂肪を下げるには、運動療法食事療法があります。

 

まとめ

脳梗塞の恐ろしい症状とは?脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策脳梗塞の症状や脳梗塞の死亡率・後遺症や再発予防策についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

発症した場合の死亡率も高く、重度の後遺症が残る恐ろしい病気です。

また、再発した場合、麻痺の範囲が広がる可能性があります。

普段から血圧を測り、高血圧・高脂肪血症にならないように生活をおくりましょう。

他にこんな記事も読まれています

-脳梗塞

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.