脳内出血 脳梗塞 頭痛・偏頭痛

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法

更新日:

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法頭痛が起きた時、頭痛持ちで慣れている方は、またかと自分に合った薬を飲むなど、自分なりの対処方法をお持ちかもしれません。

しかし、頭痛持ちの方も、時にはいつもの頭痛ではない場合があるので注意が必要な時があります。

また、日頃、頭痛なんて縁がないのに、痛みが起きると何の病気かと不安に思っている方も多い事でしょう。

では、命の危険がある場合もある頭の左側の痛みの病気とは具体的にどのような病気なのでしょうか?

ここでは、「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法についてご紹介していきます。

 

1.命の危険がある3つの左側に起きる頭痛の症状と対処法

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法まずは、命の危険がある左側の頭痛の症状と対処法についてご紹介していきます。

注意点として以下の病気は、痛みが左側に起きる時もあれば、右側に起きることもあるという点を覚えておきましょう。

 

①脳梗塞

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり、何らかの原因により脳の血流が悪くなり正常な状態の5分の1から10分の1に低下してしまったりして、脳組織が酸素や栄養が不足し壊死してしまうことを言います。

また、脳梗塞には前兆があるのが特徴です。

 

前兆

脳梗塞には前兆があるとされています。

片目が見えにくくなる、二重に見える、転びやすくなる、片側の顔や手足の麻痺、ろれつが回らない、言葉が出にくい、話が理解できないなどの前兆が出ることがあります。

 

脳梗塞で若年性脳梗塞の場合頭痛は起きることもある

一般的には、脳梗塞の前兆には頭痛の症状が含まれていませんが、40歳~45歳までに発症する若年性脳梗塞の場合は、頭痛があるとされています。

後で取り上げる頭痛の種類ですが、偏頭痛を患っている人は脳梗塞のリスクが高まるとされています。

前兆を伴う偏頭痛の場合は、特に2倍近くリスクが高まるというデータもあるほどです。

なぜなら、偏頭痛が起きるたびに血管には小さな損傷が起きるためであると考えられています。

ですから、頭痛持ちの方で偏頭痛の場合は、脳梗塞のことを考慮に入れる必要があるでしょう。

 

対処方法

脳梗塞の前兆が起きた場合、約5%の人が48時間以内に脳梗塞が起き、15~20%の人は90日以内に発症するとされています。

それで、前兆から24時間以内に適切な治療を受けると、脳梗塞の発症率を大きく下げることができると言われています。

脳梗塞の前兆の症状に当てはまるものがあれば、早く病院で検査を受けましょう。

そして、偏頭痛持ちの方は、いつもの頭痛と安易に考えずに病院での検査を受けることをオススメします。

 

② 脳出血

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法脳出血とは、脳内の血管が何らかの理由により破れて、脳の中に出血した状態を指します。

重症の場合は、重い後遺症が残るケースもあるので注意が必要です。

 

症状

激しい頭痛、嘔吐、意識障害、片方の手足の麻痺やしびれ、言語障害、脱力感、めまい、物が二重に見える、視野が欠けるなどの症状が出ます。

偏頭痛でも嘔吐などが伴う場合がありますが、しびれや麻痺が伴う時は、偏頭痛ではないと判断してください。

また、脳梗塞も脳出血も脈打つような痛みではないとされています。

 

原因

高血圧や、食生活のバランスが悪く野菜不足になっていること、お酒の飲み過ぎ、コレステロールが低すぎる、血液がサラサラになる薬(抗血小板剤、抗凝固剤)などを服用しているといった理由が主に挙げられます。

 

対処方法

脳出血の症状に当てはまれば、すぐに病院で検査を受けましょう。

脳梗塞は早期発見や早期治療で後遺症が残らないこともありますが、脳出血は重症の場合は、命の危険度も高く、麻痺や障害が残ることも多いので、すぐに救急車を呼ぶようにしてください。

 

③くも膜下出血

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法くも膜下出血は、脳の表面を覆っている軟膜、くも膜、硬膜と言う3層のうち、くも膜と硬膜の間のくも膜下腔に出血した状態を言います。

突然の強烈な頭痛が起きるのが特徴です。

 

症状

ハンマーで殴られたような突然の強烈な頭痛が起きます。

吐き気や嘔吐、意識を失う、けいれん発作などの症状を伴います。

前兆としては、数日前から血圧が乱れたり、違和感のある頭痛、めまい、吐き気や嘔吐、けいれんなどが起きる場合もあります。

 

原因

脳動脈瘤(血管の一部が膨らみこぶができた状態)の破裂によることが多いとされています。

高血圧、喫煙、コレステロール値の上昇などが関係していると考えられます。

また、事故や転倒により頭に外傷を負った事が原因となることや、脳動静脈が正常でない奇形の場合、破裂することがあります。

 

対処方法

もし、自分や周りの人にこの症状が起きたら、すぐに救急車を呼んでください。

発見、治療が早いと、後遺症などが残らない場合もありますが、命に関わる非常に危険な病気です。

 

2.命の危険がない2つの左側の頭痛の症状と対処法

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法ここからは命の危険が直接はない頭痛を2種類ご紹介します。

この頭痛も、左側に起きる場合、右側に起きる場合があります。

 

① 偏頭痛

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法偏頭痛は、何らかの理由により脳内の血管が拡張し、周囲の神経を刺激して痛みを引き起こします。

頭がズキズキと脈打つように痛みが生じます。

 

症状

頭の片側、もしくは両側にズキズキと脈を打つように痛みが生じます。

閃輝暗点という前兆が起きる場合もあり、頭痛が起きる数分~数十分前に目の前がチカチカと光が飛んでいるように見え、物が見にくくなることがあります。

音や光やニオイに敏感になり、吐き気や嘔吐、下痢といった症状を伴うことがあるでしょう。

 

原因

ストレスホルモンバランスの乱れ、気圧の変動、寝過ぎ、寝不足、空腹、特定の食べ物などが引き金となると考えられています。

20~40代の女性に多く見られる頭痛です。

 

対処方法

自分で行えることとしては、患部を冷やして血管を収縮させるようにしましょう。

また、暗い静かな部屋で安静にしてゆっくり休むことで症状が和らいでくるはずです。

病院での検査を受けたことのない方、偏頭痛が以前より頻度が増えている方は必ず病院での検査を受けることをオススメします。

 

② 群発頭痛

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法ある期間に集中して1~2ヶ月頭痛が起き、その後半年から2~3年後にまた頭痛が生じるというのが群発頭痛です。

20~40代の男性に多く、女性の4~5倍の発症率とされています。

 

症状

目の奥がえぐられるような強烈な痛みが1~2ヶ月の間、ほぼ毎日起きます。

頭の片側が痛み、特に片側の目の奥や周りが痛みます。

1回の痛みの時間は15分~3時間ほどで、朝方によく生じます。

目の充血鼻水などの症状を伴うでしょう。

 

対処方法

アルコールや喫煙、気圧の変化などが引き金と考えられていますが、発症のメカニズムはまだ解明途中です。

市販の痛み止めではききませんから、病院での治療が必要でしょう。

トリプタン製剤などを使用した薬物療法と、医療用の純酸素を吸入する方法などが取られます。

 

まとめ

命の危険度別!「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法「頭の左側の頭痛」の症状・原因・対処法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

頭の左側の痛みは、命を脅かす病気の場合があります。

代表的な病気と症状を取り上げましたが、自分で判断するのは危険なことがありますので、検査を先延ばしにしないようしましょう。

大げさなと思われるかもしれませんが、もし重病でなければ、それはそれで安心して生活することができます。

どんな病気でも早く発見し治療をすることで、軽い治療、軽症で済むことが多いからです。

それで、頭痛持ちの方も、そうでない方も、早めに病院で検査を受けてみるのはいかがでしょうか?

他にこんな記事も読まれています

-脳内出血, 脳梗塞, 頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.