糖尿病

糖尿病になる5つの原因とは?2種類の糖尿病が発覚!

投稿日:

糖尿病になる5つの原因とは?2種類の糖尿病が発覚!

糖尿病を発症してしまうと、ある程度、自分自身のライフスタイルを制限しなければならなくなります。

そうならないために糖尿病に対して正しい知識を持つことで、事前に原因を追究し予防する必要があります。

ここでは糖尿病の原因をさまざまな視点から考えてみたいと思います。

 

糖尿病五大原因

糖尿病には五大原因というものがあります。

 

1、食べ過ぎ

食事を摂取し過ぎると、無条件に血糖値は上昇します。その血糖値を下げるために体内からインスリンが分泌されるのですが、インスリンの効果が悪ければますます血糖値が上昇します。

かといって、少食にすれば良いというのでありません。つまり1日に必要な摂取カロリーを、バランス良い栄養分で摂取し続けることが重要なのです。

 

2、飲み過ぎ

もちろん、お酒の飲み過ぎも糖尿病の原因となります。何故ならお酒は血糖値を上げるだけでなく、インスリンの働きを低下させてしまうからです。

まったくお酒を飲んではいけないといいません。飲み過ぎが糖尿病の原因になるのです。ちなみに糖分が豊富に含んでいるソフトドリンクを飲み過ぎても、糖尿病の原因となります。

 

3、肥満

肥満と食べ過ぎはリンクします。肥満の状態が続くと糖尿病を発症する原因になるだけでなく、さまざまな病気を発症することになります。

 

4、運動不足

運動不足は隠れ肥満を生み出しますばかりでなく、筋肉が痩せほせ脂肪が増えた身体になります(=基礎代謝が下がり血糖値が上昇)。そうした身体を打破するために、運動をしなければなりません。

何故なら運動をすることによって、血液中のブドウ糖(血糖値)を消費するからです(血糖値の減少)。

ちなみに糖尿病の原因としての運動は、毎日無理なくできる運動をすることです(ウォーキングなどの有酸素運動、激しい運動は逆効果)。

 

5、ストレス

糖尿病の原因と関わりが深いストレスですが、自分でコントロールできないところに難しさがあります。ちなみにストレスを感じた場合、インスリンの効果が低下し血糖値が上昇することになります。

 

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病がある

糖尿病になる5つの原因とは?2種類の糖尿病が発覚!

糖尿病の原因に、1型糖尿病と2型糖尿病があることをご存知でしたでしょうか。

実は1型糖尿病の場合、はっきりした原因がわかっていません。そのため…遺伝/自己抗体/ウイルス/食品/酸素のフリーラジカル説等々、さまざまな諸説が飛び交っています。

そうした諸説の中で、もっとも有力視されているのが「食品」です。

例えば人工ミルク(牛乳)を飲む時期、乳児の中には小腸のバリアが完全にできてなく、人工ミルクに含まれるたんぱく質がそのまま体内に吸収されてしまうことになります。

その結果、乳児が持っている抗体が、そのタンパク質を「自分の抗体ではない」と認識することによって糖尿病を発症するというものです。

次に2型糖尿病の場合、遺伝が原因だといわれています。「遺伝…体内でインスリンは分泌されているが、そのインスリンが血糖値を下げるまでの効果を発揮していない。」

そしてそうした遺伝によるインスリンの状態に対して、加齢/肥満/生活習慣等々が引き金となり2型糖尿病を発症してるのです。

また次に明記する原因は2型糖尿病に属するのですが、それは「妊娠糖尿病」です。

妊婦糖尿病は、主に肥満になった妊婦さんに見られる症状です。

赤ちゃん(胎児)は子宮内で成長(栄養分)するため、妊婦さんは胎盤からさまざまなホルモンを供給します。

もちろんさまざまなホルモンは赤ちゃんにとって必要不可欠なものですが…実は、その中には母体(妊婦さん)のインスリンを抑制させるホルモンも含まれているのです。

その結果、母体(妊婦さん)のインスリン分泌量が減少→血糖値が上昇し妊婦糖尿病を発症してしまうのです。

他にこんな記事も読まれています

-糖尿病

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.