糖尿病

糖尿病網膜症の危険な症状…治療に効果的な3種類の方法

投稿日:

糖尿病網膜症の危険な症状…治療に効果的な3種類の方法

糖尿病の三大合併症の1つである糖尿病網膜症は、重篤な症状になってしまうと失明の危険性もある怖い病気です。

ここではその糖尿病網膜症がどのような症状を発症し、その症状に対してどのような治療が行われるのかについて触れてみたいと思います。

 

糖尿病網膜症の症状とは?

糖尿病網膜症の危険な症状…治療に効果的な3種類の方法

「糖尿病性腎症/糖尿病性神経障害」、そして糖尿病性網膜症を糖尿病の三大合併症といいます。いったい、糖尿病性網膜症はどのような症状を発症するのでしょうか。

まず初期段階で、自覚症状といわれることは何も起こりません。

そして初期段階を過ぎ中期的段階になると、「飛蚊症」という症状が現れます。

飛蚊症=視野の中に蚊のような小さな虫が飛んでいる/煙のススのようなものが見えるといった症状になります。また飛蚊症だけでなく網膜に出血を起こしてしまうと、視野全体に黒いカーテンが掛かったような症状になります。

さらに中期~後期段階になると、急激な視力低下を引き起こす場合もあります。

急激な視力低下の原因は、網膜の中心にある物を見るのにもっとも重要な「黄斑(おうはん)」部分が、病変を発症してしまうためです。

(最悪の場合、糖尿病網膜症から網膜剥離を発症し失明する危険性もあります。)

ちなみにどうして糖尿病網膜症を発症するのか、その原因について触れてみたいと思います。

糖尿病網膜症は、糖尿病によって発症した血管障害が原因となっています。

糖尿病を発症すると、網膜の毛細血管がもろくなります。その結果、出血/血栓(血の塊)ができやすくなることによって、血液の循環が悪くなるのです。

血液循環が悪くなってしまった網膜は、次第に酸素/栄養素の不足状態に陥ります。

実はその症状の時、飛蚊症/黄斑の病変を引き起こしてしまうのです。

そして出血/血栓を繰り返し、重篤な糖尿病網膜症を発症してしまうことになるのです。

 

糖尿病網膜症には3種類の治療がある

糖尿病網膜症の危険な症状…治療に効果的な3種類の方法

糖尿病網膜症には、3種類の治療があります。

ここではその3種類の治療について詳しく触れてみたいと思います。

 

1、血糖コントロール(初期段階の場合)

初期段階の糖尿病網膜症の場合、内科医の指導のもと、「運動療法/栄養療法/薬物療法」を行います。その3つの療法を実践することによって、血糖コントロールするのです。

そしてこの血糖コントロールが上手くいけば、糖尿病網膜症の出血/血栓も治癒する可能性が出てきます。

どちらにせよ初期段階の糖尿病網膜症の場合、この血糖コントロールの良し悪しによってその後の治療が大きく変わってきます。

 

2、レーザー治療

糖尿病網膜症が進行した場合、血液循環が悪くなることによって網膜に酸素/栄養素が行き渡らなくなります。その結果、網膜内で出血/血栓などが発症しやすくなり、さまざまな病気を併発することになります(血管閉塞、血管透過性亢進)。

そして、そうした状態にならないようにするためにレーザー治療が行われます。

レーザー治療は、網膜内の血管が詰まった部分をレーザー光で焼き/凝固させます。

これを適切な時期にきちんと行えば、重篤な糖尿病網膜症を発症するのを抑えることができます(失明も免れます。)

 

3、硝子体手術

硝子体手術は、網膜剥離によって低下してしまった視力をすこしでも回復させるための手術です。

網膜を覆っているゼリー状の組織である硝子体、この硝子体の一部が出血などをしているため、その部分を切除/吸引をした後、人工の眼内灌流〈かんりゅう〉液に置換して硝子体をもとの透明な状態にするのです。

ちなみにこの硝子体手術は眼球に光ファイバー/硝子体吸引器具などを差し込み、それを手術用の顕微鏡を見ながらするため、非常に細かい作業をすることになります。

他にこんな記事も読まれています

-糖尿病

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.