頭痛・偏頭痛

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法

投稿日:

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法夏になると、よく脱水症状により倒れ救急搬送されたというニュースをよく聞きます。

しかし、冬でも脱水症状には注意する必要があるのです。

夏は暑いため、意識しなくても飲み物が欲しくなりますが、冬は寒いため、意識していないと水分を補給しない方も多いでしょう。

そして、頭痛の原因が脱水症状である場合も多く、原因に気付かずに間違った対処方法を取っている場合もあるかもしれません。

では、脱水症状が原因で頭痛が起きるのはなぜでしょうか?

ここでは、脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法についてご紹介していきます。

 

1.脱水症状3つの種類と症状

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法脱水症状とは、ただ単に水分が不足しているわけではありません。

体に必要な水分と電解質も失われた状態のことを脱水症状と呼びます。

電解質とは、体液に含まれていて、細胞の浸透圧を調節する役目、筋肉細胞や神経細胞の働きと関係していて、私たちの命に関わるものです。

ここからは、脱水症状3つの種類と症状について説明していきます。

 

①体液濃度が濃くなる「高張性脱水」

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法電解質より水分が多く失われて、体液が濃くなっている状態です。

自分で水分補給できない乳幼児や、のどの渇きを感じにくい高齢者などに多く見られます。

また、発熱して汗を大量にかいた時に水分を摂っていない場合にも起こりやすいです。

 

②激しい運動をすると発症する「等張性脱水」

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法水分と電解質が同じ割合で失われた状態のことです。

暑い所で長時間作業をしたり、激しい運動をしたりするとこの脱水になりやすいでしょう。

 

③体液濃度が薄くなる「低張性脱水」

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法水より電解質が多く失われて、体液が薄くなった状態です。

下痢や嘔吐を繰り返している時になりやすい脱水です。

 

④脱水の症状

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法軽度の場合は自覚症状少ないですが、口の渇きや倦怠感、眠気、ふらつきなどがあります。

中等度の場合は、頭痛やめまい、吐き気、嘔吐することがあります。

重度の場合は、意識障害、けいれんや、昏睡、錯覚、幻覚などの精神症状が起きたり、最悪、命を失うこともあります。

 

 

2.脱水症状で頭痛を発症する原因

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法

では、脱水症状になると頭痛が起きる理由について見ていきましょう。

体が脱水状態になると、血液の循環は悪くなります。

そのために脳内の血流にも影響が及び、血管は流れが悪くなるためストレスを感じて拡張し、周りの神経を刺激するために頭痛が起きると考えられています。

 

3.頭痛以外の症状も発症する

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法頭痛以外にも、脱水症状が起きると、酸素栄養素が体内にきちんと回らなくなったり、老廃物を排出できなくなったり、体温調整もうまくできなくなったりします。

様々な症状が生じ、命に関わる結果になるのです。

 

4.脱水症状の予防法3選

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法

では、脱水症状を引き起さないためにはどうしたら良いのでしょうか?

ここからは、脱水症状の予防法3選をご紹介していきます。

 

①水分補給する

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法まず、大切なのは、とにかくこまめに水分補給しましょう。

のどが渇いたと自覚する前に飲むようにおすすめします。

よくトイレに行きたくないからとか、汗をかいていないからとかいった理由で水分を補給しない方がいます。

ですが、私たちは皮膚や呼吸からも水分を排出しているので、1日に2リットルの水が出ていきます。

それで、冬でも意識して水分を摂るようにしてください。

そして、一気に飲むのではなく、数十分ごとに少しずつ飲んで補給しましょう。

 

②電解質を補給する

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法脱水症状には、水分不足だけでなく電解質の不足も関係しているので、電解質を補給することが大切です。

その補給と維持に適しているのが、経口補水液です。

吸収率も高く、点滴と同じほどの効果があるとされています。

それで、炎天下で作業する、激しい運動をする、高齢者の方、病中で脱水になりやすい方、風邪などで発熱した時などは脱水症状の予防として飲みましょう。

味が苦手という方は、スポーツドリンクを用いることもできますが、糖分が多いので飲み過ぎると糖尿病になる危険もありますので、適度に活用してください。

 

③塩飴をなめる

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法電解質とは要するに塩分が水に溶けたものですから、塩分を補給することで電解質の補給になります。

塩をなめれば良いのですが、持ち歩きにくいので、塩飴を携帯しておくと良いかもしれません。

水分と塩分をバランスよく摂取するようにしましょう。

 

5.脱水症状の2つの対処方法

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法

脱水症状を発症してしまったら、どう対処したらよいでしょうか?

ここからは、脱水症状の2つの対処方法をご紹介していきます。

 

①重度の場合、すぐに救急車を呼ぶ

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法重度の場合も、すぐに点滴治療を受ければ、数時間の安静で回復に向かうはずです。

ですから、すぐに救急車を呼びましょう。

 

②水分と電解質の補給をする

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法軽度、中度の場合、安静にして経口補水液などで水分と電解質を補給することで回復に向かうことが多いでしょう。

しかし、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が強い場合は、病院で点滴治療を受けることをオススメします。

 

まとめ

脱水による頭痛は危険!脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法脱水症状による頭痛の症状・予防法・対処法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

なんだか体がだるくて頭が痛い時、もしかしたら脱水症状かもしれません。

毎日、水分や塩分の補給を習慣としていれば、脱水症状は防ぐことができるものです。

また、高齢者や乳幼児は特に、脱水症状になりやすいですから周囲の方が気を配るようにしましょう。

夏も冬も、水を持ち歩く習慣を身に着けるのはいかがでしょうか?

他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.