頭痛・偏頭痛

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法

投稿日:

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法頭痛の原因と聞くと何を思い浮かべられますか?

疲れやストレス、寝不足、肩こりや天候の変化、風邪などを挙げられるかもしれません。

頭痛の原因としてなかなか気付かれにくいのが、貧血という原因です。

貧血で頭が痛くなるの?と思われる方も多いかもしれません。

頭痛持ちの方の中にも、実は貧血のせいだったという可能性もあります。

では、どうして貧血を起こすと頭痛が発症するのでしょうか?

また、貧血によるの頭痛の対処法にはどんなものがあるのでしょうか?

ここでは、「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法についてご紹介していきます。

 

1.体の酸素不足を引き起こす「貧血」の症状とは?

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法

私たちの体の血液中には赤血球という細胞があります。

その赤血球には、ヘモグロビンというタンパク質が含まれていますが、私たちが呼吸する時に取り入れられる酸素がこのヘモグロビンと結合して全身に運ばれるという仕組みになっています。

貧血とは、このヘモグロビンが不足してしまった状態のことを言います。

つまり身体中に運ばれる酸素の量が低下していることを指します。

貧血になっていると、頭痛や動悸、倦怠感、めまい、立ちくらみ、疲れが取れない、顔が黄色っぽくなる、抜け毛や枝毛が増えるといった症状が出ます。

 

2.貧血が起きる2大原因とは?

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法

貧血が起きる理由はいくつか考えられます。

ここからは、代表的な貧血が起きる2大原因について説明していきます。

 

①鉄分不足が起きているため

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法貧血の95%は「鉄欠乏性貧血」と呼ばれ、鉄分不足が原因です。

ヘモグロビンは鉄とタンパク質で出来ていて、この鉄が体に取り込んだ酸素を体に運ぶ役目を果たすのです。

ダイエットや偏食などにより鉄の摂取不足が生じたり、女性であれば、妊娠や授乳で体が鉄を必要とする量が増加するために不足したり、生理によっても鉄分不足が生じます。

 

②タンパク質が不足しているため

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法貧血と言うと鉄不足のイメージが強いですが、ヘモグロビンを構成するタンパク質不足でも貧血が生じます。

食事で栄養バランスが崩れてタンパク質(肉や魚、卵など)を摂取していなかったり、女性であれば、毎月の生理で鉄と同じようにタンパク質を失うために不足したりします。

 

3.「貧血による頭痛」が起きる原因とは?

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法では、貧血で頭痛という症状が出るのはなぜでしょうか?

貧血は体中に酸素不足を起こす状態です。

つまり、脳内にも酸素が十分に行き渡らなくなってしまうため、酸欠状態になり、脳の血管にストレスがかかりその周囲の神経に刺激を与え、偏頭痛と呼ばれるズキズキする痛みが生じることがあります。

また、酸素不足で血流が悪くなり、体の筋肉が緊張状態になり緊張型頭痛と呼ばれる、締め付けられるような痛みが起きるのです。

貧血による頭痛は、主にこの2種類であると考えられていますので、この頭痛が頻繁に起きる方は、貧血が原因となっていないかを疑うことも必要かもしれません。

 

4.「頭痛を引き起こす貧血」の5つの改善方法

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法

では、頭痛を引き起こす貧血の解決方法は一体どんなものなのでしょうか?

ここからは、「頭痛を引き起こす貧血」の5つの改善方法をご紹介していきます。

 

①鉄分を補給する

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法貧血にはやはり何と言っても、鉄分補給が欠かせません。

鉄分補給には、サプリメントや病院で鉄剤を処方してもらうことも可能ですが、できるだけ食事で補給できれば良いですよね。

鉄分の多い食材を挙げてみますので、ぜひ食事に摂り入れましょう。

 

ヘム鉄の多い食品(吸収されやすい)

肉類(牛、豚、鶏肉)、内臓類(レバー、もつなど)魚類(カツオ、イワシ、マグロなど)

 

非ヘム鉄の多い食品(吸収されにくい)

鶏卵、しじみやあさり、大豆、ホウレンソウ、小松菜、ひじき、プルーンなど

できるだけ、ヘム鉄の多い食品から摂り入れると効率が良いでしょう。

 

②タンパク質を補給する

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法タンパク質の補給も、貧血解消に効果的です。

肉類や魚介類や卵、大豆製品、乳製品などからタンパク質を補給することができます。

そして、肉類や魚介類を非ヘム鉄の多い食品と一緒に摂ると、鉄の吸収が良いとされていますので、合わせて調理すると、鉄とタンパク質を同時に補給することができて、一石二鳥でしょう。

 

③1日3食、規則正しく栄養バランスの良い食事をとる

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法ダイエットのし過ぎや偏食が貧血につながりますから、日々の食習慣を見直しましょう。

毎日3食を規則正しく、主食、主菜、副菜を組み合わせて栄養バランスが良い食事を心がけてください。

忙しいとインスタント食品や、麺類だけ、揚げ物が多い弁当など偏ってしまいがちですから、意識していわゆる和食を食べると良いかもしれません。

 

④衣類を緩める

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法貧血で、頭痛が起きてくらくらした時には、血流が悪くなっていますから、ベルトや身体を締め付けているものを緩めましょう。

そして、横になり足の方が高くなるようにして、脳に血が巡るようにしてください。

しばらく安静にし、無理に動かないことが最善です。

 

⑤偏頭痛は冷やして緊張型頭痛は温める

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法貧血による頭痛は2種類ありましたが、ズキズキと脈打つように痛む偏頭痛の時は、頭の痛い部分を冷却シートやぬれタオルなどで冷やして、広がってしまった血管を収縮させましょう。

頭が締め付けられるような痛みの場合は、緊張型頭痛と考えられますから、首の後ろや肩の緊張をほぐすために温めてください

 

まとめ

その頭痛…貧血のせい?「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法「貧血による頭痛」の原因と5つの対処法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

頭痛がよく起きる方、貧血症状と併発していませんでしたか?

もし当てはまるものがあれば、食生活を改善することで辛い頭痛も楽になるはずです。

日々の食事が私たちの血となり肉となり、体を作り上げているからです。

心身の健康のために、食生活の見直しをしてみませんか?

他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.