頭痛・偏頭痛

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法

更新日:

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法頭痛は風邪を引いたり、肩がこったり、ストレスが溜まったりすると、よく起こる症状の1つです。

鼻血も、何かの拍子に鼻をぶつけたり、ちょっと鼻をかみ過ぎたりすると出ることがあり珍しいものではありません。

しかし、頭痛と鼻血が一緒に起きた場合は、注意が必要です。

重大な病気のサインかもしれないからです。

では、重大な病気とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

ここでは、頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法についてご紹介していきます。

 

1.ズキズキと脈打つように痛む「偏頭痛」の症状・対処法

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法偏頭痛は、頭の片側か両側がズキズキと脈を打つように痛み、吐き気や嘔吐が伴う場合もあります。

ストレスや天候、ホルモンバランスの乱れや寝すぎ、寝不足などの要因により血管が拡張して周りの神経を刺激するために生じます。

偏頭痛で鼻血が出るのは、脳の血管の拡張により、毛細血管に負担がかかるためと考えられています。

対処方法としては、鼻血が伴う頭痛がよく起きる方は、偏頭痛が原因かを検査をしてもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

自己判断していると、後で取り上げていきますが命に関わる他の病気の可能性もあるので、脳神経外科や頭痛外来などで診断をしてもらうようにしましょう。

 

2.頭が重たい感覚になる「アレルギー性鼻炎」の症状・対処法

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法花粉やハウスダスト、食品、ダニ、動物、気温差などにより鼻の粘膜が炎症するのが、アレルギー性鼻炎です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状と共に、頭痛や頭が重たい感じが生じます。

また、鼻をかみ過ぎたり、鼻を触ることが多いので、鼻の粘膜を傷付けたり弱めたりして、鼻血が出ることがあるでしょう。

対処法として、鼻水・くしゃみなどの症状があって頭痛と鼻血が伴う場合は、耳鼻咽喉科でアレルギーによるものかどうかを診てもらいましょう。

薬の服用や、器械による鼻の洗浄、ネブライザーによる薬の吸入により症状を和らげることができるはずです。

 

3.動脈硬化の可能性がある「高血圧」の症状・対処法

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法血圧が上が140mmHg以上、下が90mmHg以上が続く症状を高血圧と呼びます。

高血圧になる要因は、遺伝や飲酒、塩分の摂り過ぎ、喫煙、ストレス、運動不足、肥満などが考えられます。

高血圧になると、自覚症状はあまりありませんが、頭痛、頭が重い、めまい、耳鳴り、ひどくなると、動悸、呼吸困難、鼻血などがあります。

高血圧による鼻血は要注意で、動脈硬化が起きている可能性があります。

鼻腔の後ろにある太い血管の血管壁が動脈硬化によって傷む時に、鼻血が出たり、口から激しく出たりすることもあります。

鼻血が止まらない場合もありますし、大量に出ることがありますから、特に、高血圧を自覚している方は、命に関わる場合もありますから、すぐに病院へ行くようにしてください。

スポンサーリンク

また、高血圧は自覚しにくいので、日頃から自分の血圧を把握しておくようにしたいですね。

 

4.リンパ節への転移が早い「上咽頭がん」の症状・対処法

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法鼻のつきあたりの所、上咽頭にできるがんの場合も、頭痛と鼻血が伴います。

他には、鼻づまり、耳鳴り、難聴、歯痛、目が見えにくくなる、二重にものが見える、リンパ節の腫れといった症状があります。

上咽頭がんの検診は行われていないので、耳鼻咽喉科を診察した時に発見するケースが多いようです。

対処方法は外科手術は行わないので、放射線治療と化学療法での治療となります。

頭痛と鼻血の症状で気になる方は、上咽頭がんの場合は、リンパ節への転移が早いので、早めに耳鼻咽喉科で診てもらうことをおすすめします。

 

5.正常な血液が作られなくなる「白血病」の症状・対処法

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法白血病は、いわゆる血液のがんです。

骨髄で異常な白血球細胞が歯止めなく増殖していき、正常な血液が作られなくなってしまう病気です。

そのために、鼻血がよく出たり、歯茎から出血したり、内出血しやすかったりします。

他にも、頭痛や発熱、貧血、リンパ節の腫れ、関節痛、嘔吐、息切れや動悸などの症状が挙げられます。

症状を見ただけでは、診断できませんので、病院で血液検査を受けましょう。

血球の数とバランスに乱れがないかを調べ、さらに、骨髄に細い針を刺して少量取って、細胞の成分を見ることで急性白血病かどうかを診断できます。

不治の病ではありませんが、進行が早いですから、心配な方は病院で早く検査してもらうようにしてください。

 

6.心のケアが必要な「自律神経失調症」の症状・対処法

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法自律神経失調症とは、交感神経(緊張している時や動いている時に働く)と副交感神経(リラックスしている時や睡眠中に働く)のバランスが乱れた時の起きる様々な症状の総称です。

自律神経が乱れると、血管が拡張したり収縮したりするために、頭痛と鼻血が伴うことがあります。

他には、耳鳴り、めまい、立ちくらみ、多汗、微熱、手のしびれ、精神不安定など症状は多岐にわたります。

頭痛と鼻血の症状があって、体に異常がない場合は、自律神経失調症の可能性が考えられます。

メンタルクリニックなどの心のケアをしてくれる病院で相談してみましょう。

 

7.出てしまった鼻血はどう止める?

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法

様々な病気を取り上げましたが、鼻血が出た時の応急処置をご紹介します。

よくティッシュを詰めたり、首の後ろをトントンしたりすることがありますが、かえって粘膜を傷付けたり、口に鼻血が流れ込むことがあるのでおすすめできません。

  • 座ってちょっと下を向き、人差し指と親指で小鼻の部分をつまむ(5分から10分)
  • 氷水や冷やしたタオルなどで鼻を冷やす

これらの方法を行なっても止まらない場合は、病院へ行くようにしてください。

 

まとめ

頭痛を伴う鼻血は危険!頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法頭痛と鼻血の併発する6つの病気と対処法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

頭痛と鼻血が同時に起きたら、命に関わらない場合もありますが、危険な場合もあります。

それで、頻繁に生じる方は特に、適切な病院で検査してもらうようにしてください。

ここで取り上げたもの以外の病気の可能性も考えられるからです。

鼻血くらいで大げさなと思わずに、体が何らかの異常を教えてくれているサインですから、見逃さないようにしていきましょう。

引き続き、「頭痛による危険な病気と対処法」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.