頭痛・偏頭痛

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法

投稿日:

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法鼻水がズルズルと止まらず、頭痛もズキズキ、ガンガンする。

この症状を聞くと風邪では?と推測される方が多いことでしょう。

確かに風邪の代表的な症状ですが、それ以外にもいくつかの病気の症状に当てはまります。

風邪だと思って自己判断し市販の風邪薬を飲んでいても、いっこうに回復しない場合は他の病気を疑ってみる必要があるかもしれません。

そこで、鼻水と頭痛の症状が出る4つの病気とそれぞれの病気だった場合、何科に行ってどんな治療をすればいいのでしょうか?

ここでは、鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法についてご紹介していきます。

 

1.「花粉症」や「アレルギー性鼻炎」の症状と治療法

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法アレルギー性鼻炎とは、鼻の粘膜に花粉やハウスダストなどアレルギーを招く原因となる物質が付着し、炎症を起こす病気です。

季節性と通年性があり、季節性とは花粉症が原因の場合が大半です。

通年性は、ハウスダストやダニ、ペットのフケやカビ、寒暖差などが原因の場合で、一年中症状が出ます。

それでは、花粉症やアレルギー性鼻炎の具体的な症状と治療方法を見ていきましょう。

 

①花粉症やアレルギー性鼻炎の症状

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭が重い、頭痛などの症状が出ます。

アレルギー性鼻炎の鼻水の特徴は水のようにサラサラした透明のものという点です。

 

②花粉症やアレルギー性鼻炎の治療方法

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法耳鼻咽喉科で診てもらえますが、まずは自分が何の原因でアレルギー反応を示しているかを血液検査で調べてもらいましょう。

ハウスダストやダニなどが原因であれば家の掃除や布団の干し方などを調整する必要もあるかもしれません。

治療方法としては、大抵、抗アレルギー薬の処方とスプレー式の薬剤を用いることが多いでしょう。

また、最近は、花粉症の方にはレーザー治療と言って、鼻の粘膜をレーザーで焼いて症状を抑える方法もありますので、耳鼻咽喉科で相談してみてください。

 

2.「副鼻腔炎」の症状や治療方法

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法私たちの顔には鼻を中心として副鼻腔という空洞があります。

その空洞に炎症が起こるのが副鼻腔炎で、急性と慢性のものがあります。

急性副鼻腔炎とは、風邪などのウイルス感染により、またアレルギー性鼻炎が原因となり炎症が起きるものです。

慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎の症状が2~3ヶ月以上続く場合を呼び、以前は蓄膿症と呼ばれていました。

それでは、副鼻腔炎の具体的な症状と治療方法を説明していきます。

 

①副鼻腔炎の症状

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法

鼻水、鼻づまり、頭痛、顔面痛、鼻の中が臭い、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水がのどの奥を流れる)、痰、咳などの症状が出ます。

鼻水は、アレルギー性鼻炎と異なり、黄色や緑色っぽいドロッとした鼻水が出るのが特徴的です。

 

②副鼻腔炎の治療方法

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法耳鼻咽喉科での治療となりますが、レントゲン写真を撮ることで顔の空洞が炎症しているかどうかをはっきり知ることができます。

治療としては、急性副鼻腔炎であれば、器械を使って鼻腔内を洗浄したり、抗生剤の入った吸入(ネブライザー)をしたり、抗生剤、粘膜を正常にする薬剤、点鼻薬などを使っていくことになります。

慢性副鼻腔炎の場合も、基本的には同じ治療方法ですが、期間が長くかかります。

場合によっては、内視鏡を使って手術を行うこともあります。

 

3.「群発頭痛」の症状と治療方法

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法群発頭痛とは、一定期間、1~2ヶ月くらい痛みが続き、その後半年から2~3年経ってまた発症するという病気です。

目がえぐられるような強烈な痛みが特徴です。

ここからは、群発頭痛の具体的な症状と起きる原因・治療方法を説明していきます。

 

①群発頭痛の症状

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法必ず頭の片側に痛みが出ますが、特に目の奥や周りが痛みます。

痛みの程度は強烈で、目の奥がえぐられるような痛みで、動かずにいられないほどの激痛だと言われています。

そして、1~2ヶ月の間、毎日起き、1日に1~2回生じ15分から3時間ほど続きます。

特に朝方に起きることが多いでしょう。

頭痛以外に目の充血、涙、鼻水が止まらないなどの症状が伴います。

 

②群発頭痛が起きる原因

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法群発頭痛の原因はまだはっきりとは分かっていませんが、目の後ろに通っている血管の拡張が関係しているのではないかと考えられています。

タバコ、アルコールの摂取、気圧の変化などをきっかけとして症状が起きると言われています。

 

③群発頭痛の治療方法

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法神経内科脳神経外科頭痛外来などで診てもらいましょう。

治療方法としては、トリプタン系薬剤の服用が効果があるとされています。

他にも、純酸素吸入法と言って、医療用の純度100%の酸素を毎分7リットル15分間吸入するという方法が有効です。

 

4.「インフルエンザ」の症状と治療方法

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法インフルエンザウイルスによる感染により発症します。

急な高熱が出るのが特徴です。

それでは、インフルエンザの具体的な症状と治療方法を説明していきます。

 

①インフルエンザの症状

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法1~3日の潜伏期間の後に、38度以上の高熱や全身倦怠感、関節痛、頭痛、筋肉痛、食欲不振などがまず現れます。

そして、咳や喉の痛み、鼻水、吐き気、腹痛、などの症状が出てきます。

風邪と症状が似ていますが、風邪の場合は症状の悪化が緩やかですが、インフルエンザは急激に高熱が出ることが多いでしょう。

しかし、インフルエンザの型によって、または予防接種を打ったなどの理由により軽度の場合もあるので、他の人にうつさないためにも疑いがある場合は、きちんと病院で診断してもらいましょう。

 

②インフルエンザの治療方法

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法内科耳鼻咽喉科などで診てもらいましょう。

インフルエンザは、発症後48時間以内なら抗インフルエンザ薬が効果があります。

あとは、安静にし水分補給をしっかりして、睡眠を十分に取ることが大切です。

感染を防ぐために、薬は処方された分は全部飲みきり、熱が下がった後も2日は自宅療養してください。

 

まとめ

鼻水と頭痛で辛い…鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法鼻水と頭痛が併発する4つの病気の症状と治療法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

鼻水と頭痛の症状で風邪以外にも考えられる病気を4つほど挙げてみました。

風邪と思い込んでいると、病気によっては重症化することもありますし、インフルエンザなら他の人にうつしてしまうこともあるでしょう。

ここで取り上げたもの以外の病気の可能性もあります。

それで、鼻水と頭痛ぐらいで病院へ行くのは嫌という方も多いかもしれませんが、的確な診断をしてもらい、適切な治療を受けて早く治すために、病院へ行くことをオススメします。

他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.