頭痛・偏頭痛

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法

更新日:

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法仕事の付き合い上、飲まないといけないのに飲み始めると頭痛が起きてしまうということはありませんか?

また、ついつい雰囲気に流されて飲み過ぎた翌日、起きたら頭がガンガン、身体がだるくて二日酔いでぐったりしてしまうという方もおられることでしょう。

どうして人によって、アルコールを飲むと頭痛が起きる人と平気な人、たくさん飲めるのに翌日に頭痛が起きる人とそうでない人がいるのでしょうか?

ここでは、アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法についてご紹介していきます。

 

1.アルコール摂取後すぐ頭痛が起きる仕組み

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法

まずは、アルコールを飲むとすぐに頭痛が起きてしまうのはなぜかを見ていきましょう。

結論から言えば、体質です。

両親が共にいわゆるお酒に弱いタイプの場合、その体質は遺伝していきます。

日本人の約半数は、お酒に弱い体質というデータがあります。

このお酒に強い、弱いとは体内で何が起きているのでしょうか?

それでは、アルコール摂取直後に頭痛が起きる仕組みについて説明していきます。

 

①アルコールは有害なアセトアルデヒドになり無害な物質に分解される

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法アルコールが体内に摂り入れられると、肝臓で分解されますが、アルコール脱水素酵素(ADH)とミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS) によって酸化されてアセトアルデヒドという有毒物質になります。

このアセトアルデヒドが飲酒後の頭痛や二日酔いの様々な症状の根源です。

アセトアルデヒドは、肝細胞の中にあるアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により無害な酢酸へと分解され、血液によって全身に回り、二酸化炭素と水へと最後には分解されていきます。

 

②「お酒に弱い」とはアセトアルデヒドの分解能力が低いということ

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法お酒に弱い体質の人、アルコールを摂取するとすぐに顔が赤くなったり、頭痛が起きたりする人は、アルコール分解の際に発生するアセトアルデヒドの分解が速やかにできないのです。

アセトアルデヒドは、有毒でこの物質が含まれた血液は、早く体外に排出しようとして多くの酸素を取り入れるために、血管が拡張し周囲の神経を刺激し頭痛が起きます。

お酒に強い、たくさんの量を飲んでも悪酔いしない人は、アセトアルデヒドの分解能力が高いということができるでしょう。

 

③体質は変わらないことを理解してお酒に弱い人は「無理をしない」

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法よくお酒は鍛えれば強くなると言う人もいますが、この体質は大きく変化することはないとされています。

それで、アルコールを摂り入れると頭痛がすぐに起きる方は、周囲の方に理解してもらうようにして、無理をしてお酒を飲まないようにしましょう。

訓練で強くなるものではなく、頭痛がひどくなるだけですから、体質であることを説明してノンアルコールのものやソフトドリンクで付き合いの場を乗り切りましょう。

 

2.二日酔いで頭痛が起きる理由

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法

お酒を飲んだ翌日、頭痛などの二日酔いの症状が出るのはなぜでしょうか?

それは、いくらお酒に強い体質だったとしても、摂り入れるアルコールの量が一度に分解できる量を超えた場合、血液中に有毒なアセトアルデヒドが残るため、頭痛が起きると考えられます。

また、アルコールには利尿作用があるため、体は脱水状態になり頭痛が起きている可能性もあります。

他にも、普段は同じだけの量を飲んで二日酔いにならないとしても、寝不足や、体調不良、すきっ腹で飲んだなどの状況によっても、悪酔いして翌日に頭痛が起きることもあるでしょう。

ですから、体調などを考慮しつつ、自分の適量を知り、それ以上は飲まないようにすることで二日酔いを避けることができるはずです。

 

3.飲んだ翌日の頭痛の解消方法2選

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法

では、二日酔いで頭痛が起きた時にはどのように対処すればよいのでしょうか?

それでは、飲んだ翌日の頭痛の解消法2選をご紹介していきます。

次のような解消方法を試してみてください。

 

①水分補給をする

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法アセトアルデヒドを早く分解して体外に排出させるには、水分補給が欠かせません。

また、脱水による頭痛の可能性もありますから、水分をどんどんと取りましょう。

 

②カフェインを摂る

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法アセトアルデヒドにより脳の血管が拡張して痛みを起こしていますから、血管を収縮させる効果があるとされているカフェインを摂りいれましょう。

コーヒーや紅茶、緑茶、コーラなどにカフェインが含まれています。

 

4.肝臓の働きを良くしてアルコールによる頭痛を予防する3つの方法

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法

二日酔いによる頭痛を避けるためには、アルコールの分解能力を高めることが関係しています。

それで、アルコールの分解を行う肝臓の働きを強くして、二日酔いによる頭痛を避けていきましょう。

それでは、肝臓の働きを良くしてアルコールによる頭痛を予防する3つの方法をご紹介していきます。

 

①バランスの良い食事を摂る

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法肝臓の働きを高めるには、バランスの取れた食事を摂ることを習慣としましょう。

タンパク質には肝細胞の修復、免疫物質や酵素などを作り出すといった働きがありますから、鶏卵、鶏のささみ、牛乳、大豆、納豆、豆腐などの良質なタンパク質を食事に摂り入れましょう。

また、ビタミンには肝臓が不要物を解毒する時の酵素の働きを助ける効果がありますから、積極的に摂りましょう。

豚ひれ肉、レバー、うなぎ、いりごま、ニンニク、鮭、さんま、バナナ、しじみ、煮干しなどの食材に肝臓に良いビタミンB群が多く含まれています。

 

②適度な運動をする

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法肝臓を強くするために適度な運動も大切な要素です。

肝臓の解毒作用代謝機能を高めるとされています。

ウォーキング、水泳、軽いジョギングなどの有酸素運動を行うことをおすすめします。

 

③肝臓を休ませる

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法肝臓を強くするためには、肝臓に負担をかけ過ぎないことが大切です。

それで、毎日お酒を飲む習慣がある方は、肝臓を酷使しているため弱っていきます。

ですから、暴飲暴食、お酒の飲み過ぎを控え、休肝日を作るようにしましょう。

 

まとめ

お酒による頭痛を予防する!アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法アルコールで起こる頭痛の仕組みと予防法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

アルコールによる頭痛は、体質によっては防ぐことができないので、そのようなタイプの方はお酒を控えましょう。

二日酔いで頭痛に悩まされることの多い方は、適量を超えてしまっているため、頭痛が生じています。

それで、自分のアルコールの適量を見極め、適度に楽しんでください。

そして、健康な肝臓を作るために、日頃の食事や運動などの生活習慣も見直していきたいですね。

他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.