頭痛・偏頭痛

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策

更新日:

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策「いつもの頭痛だろう」こんな風にして過ごしていると、時に危険な場合があります。

それは、高血圧による頭痛が重大な病気の症状として起きている時があるからです。

しかし、大抵の方は、普段の生活において血圧を気にすることがありませんよね。

そのため、特に頭痛持ちの方は、いつもの頭痛だと見過ごして命を落としてしまうことすらあるのです。

では、そんな恐ろしい高血圧による頭痛は、なぜ起きるのでしょうか?

ここでは、高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策についてご紹介していきます。

 

1.ストレスによる頭痛より高血圧による頭痛の方が危険?

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策

高血圧と頭痛とはどのような関係があるのでしょうか。

本来、高血圧には特に自覚症状がありません。

しかし、頭痛は、ストレスや肩こり、寝不足、気圧の変化などが原因で生じるので、頭痛で病院の診察を受けた時に、血圧を測ったら数値が高いことに気付いたというケースが多いです。

そして、高血圧により生じる頭痛と、ストレスや肩こり、寝不足、気圧の変化などから生じる頭痛とは、起きるメカニズムが異なっています。

ここからは、ストレスによる頭痛より高血圧による頭痛の方が危険な理由を詳しく説明していきます。

 

①ストレスや肩こりによる頭痛は脳の血管が拡張している状態

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策ストレスや肩こりが原因で脳の血管が拡張します。

その拡張した血管が周囲の神経を刺激するために頭痛が起きます。

 

②高血圧による頭痛は重大な病気のサイン

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策脳には、血圧が上昇しても血流は正常に働くシステムが備わっているため、脳の血流圧は高くなることはありません。

しかし、脳内での動脈硬化などの障害や何らかの異変が生じて頭痛が起きます。

ですから、高血圧と頭痛という組み合わせは、重大な病気のサインの場合があるのです。

この場合、ストレスなどが原因の頭痛なのか、高血圧による危険な頭痛なのかは、自分では判断しかねますので血圧が高い方は、ただのいつもの頭痛だろうと決めてしまうのは非常に危ないと言えるでしょう。

 

2.高血圧による頭痛がサインとなる4つの病気

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策

高血圧による頭痛は脳内の異変により生じますが、具体的にどのような病気を引き起こすのでしょうか?

ここからは高血圧による頭痛がサインとなる病気をご紹介していきます。

 

③脳のむくみが原因の「高血圧性脳症」

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策急激な血圧の上昇や長期間高血圧が続いていたことが原因で、脳本体に水分が溜まり脳浮腫(脳のむくみ)が起き、頭蓋内の圧力が高くなり、神経を刺激し頭痛が起きます。

この脳のむくみが起きて頭蓋内の圧が高まった状態を高血圧脳症と呼びます。

特に、早朝に頭痛が起きやすいとされています。

高血圧性脳症の症状としては、頭痛、吐き気や嘔吐、けいれん、意識障害、視力障害が症状としてあります。

放置していると心臓や腎臓にも影響が及び、命に関わってきます。

 

③くも膜の下の血管が破れる「くも膜下出血」

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策

頭蓋骨の下に「くも膜」という膜があり、それによって脳は覆われています。

脳につながる血管がそのくも膜の下を通っています。

その血管に動脈硬化動脈瘤があると、血圧が上昇した時に急に破れ、これをくも膜下出血と呼びます。

くも膜下出血の症状として、後頭部や首の付け根に突然、猛烈な頭痛が起き、吐き気や嘔吐、意識不明になる事もあります。

出血が多いため脳内に血液が流れ込むと、命を失うこともあります。

 

③血腫に圧力がかかり破裂してしまう「脳出血」

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策高血圧の状態が続いていると、脳の中をつらぬいている血管の壁に傷が付き、その部分が壊死し、小血管が破裂して血液が滲み出します。

その出血によってできた血の塊が血腫と呼ばれますが、この血腫が大きくなると頭蓋内圧が上昇するため神経が刺激されます。

そして、血腫に圧力がかかると、破裂して脳出血が起こるのです。

 

脳出血の症状としては、激しい頭痛、吐き気、片方の手足のしびれ、ろれつが回らない、めまい、物が二重に見えるといった症状があります。

 

④脳組織が壊死する「脳梗塞」

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策脳の血管が詰まったり、何らかの要因により脳の血流が正常の5分の1から10分の1ぐらいにまで低下したりして、脳組織が酸素不足、栄養不足になり、その状態がある程度の時間続くと、その脳組織の部分が壊死してしまいますが、それを脳梗塞と呼びます。

その一つの要因に高血圧があります。

頭痛の症状はそれほど多くはありませんが、梗塞が大きくなると、脳がむくみ頭蓋内圧が上昇するため、頭痛が起きます。

他にも、一過性脳虚血発作と言って、片方の手足の力が入らない、うまくしゃべれない、片方の目が見えにくくなるといった前触れとなる症状があります。

 

3.高血圧による重大な病気を防ぐ4つの方法

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策

高血圧により起きている頭痛が命に関わる病気のサインであることを見てきましたが、どうすれば、予防することができるのでしょうか?

それでは、高血圧による重大な病気を防ぐ方法をご紹介していきます。

 

①定期的に病院で検査する

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策血圧が高い方は、特に定期的に血圧の状態を病院でチェックすることが大切です。

また、頭痛持ちの方で、病院に行かずに市販の薬で治している方も多いことでしょう。

そうした方は、血圧測ることも普段ないので、特に注意が必要です。

頭痛持ちの方は、一度、病院で検査を受け、高血圧による頭痛かどうか、自分の頭痛の原因を知るようおすすめします。

 

②血圧が急に上がるような行動を避ける

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策急激な血圧の上昇が脳に異変をもたらし、重大な病気を引き起こす可能性があります。

怒って興奮したり、スポーツなどを見てテンションが上がったり、また、お風呂で急に熱い湯に浸かったり、トイレで強くいきむなどの血圧が急激に上がるような行動を避けましょう。

 

③適切な睡眠時間を取る

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策睡眠不足は高血圧の要因となりますから、睡眠をしっかりと取るようにしましょう。

成人の適切な睡眠時間は6~8時間とされています。

寝つきが悪い方は、寝る前にお風呂に入って体を温めたり、温かいミルク、ココア、白湯などを飲んでリラックスしたりすることもおすすめです。

 

④適度な運動をする

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策激しい運動や、急激に運動を始めると血圧が急に上がって危険ですが、軽い適度な運動は血圧に良い作用があります。

散歩やウォーキング、軽いランニングなどを始めてみるのはいかがでしょうか。

病院にかかっておられる方は医師に運動について相談するようにしてください。

 

まとめ

高血圧で頭痛は危険?高血圧による頭痛が起こす4つの病気と予防策

高血圧による頭痛が示す4つの病気と予防策についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

高血圧による頭痛は、非常に恐ろしい病気のサインです。

放置していると後遺症が生じたり、最悪の場合、命を失ったりすることになる危険があります。

どんな病気も早期発見、早期治療が鉄則ですから、頭痛に悩まされている方、高血圧で頭痛を併発している方は、そのサインを見逃さないようにしましょう。

他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.