頭痛・偏頭痛

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法

更新日:

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法風邪を引いて頭痛や鼻水などの症状がなかなか治まらない時。

鼻をかみ過ぎて耳まで痛くなっていませんか?

もしかしたら、中耳炎になっているかもしれません。

中耳炎と言うと子供の病気のようなイメージを持たれる方もいますが、大人も発症します。

そしてもちろん、子供は発症しやすい病気ですが、子供は自分の症状をうまく伝えられないため、頭が痛いと訴えてきたら実は中耳炎になっていたというケースもよくあります。

では、大人も子供かかる中耳炎は頭痛が伴うことが多いのはなぜでしょうか?

ここでは、頭痛も発症する中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法についてご紹介していきます。

 

1.中耳炎の原因と2種類の中耳炎の症状

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法まずは、中耳炎とはどのような病気なのかを考えていきましょう。

中耳炎とは、細菌ウイルスが中耳(鼓膜の奥にある部分)に入ることによって炎症を引き起こす病気のことです。

耳と鼻は奥でつながっているため、鼻水の中の細菌が中耳に入るのです。

子供が中耳炎にかかりやすいのは、耳管という鼻から入る空気が通る通路がまだ成長段階で長さが短いため細菌やウイルスが中耳に入りやすいためです。

中耳炎には、急性中耳炎滲出性中耳炎の2種類があります。

この違いは、急性中耳炎の炎症や腫れが治っていく時期を滲出性中耳炎と呼びます。

それでは、中耳炎の原因と急性中耳炎と滲出性中耳炎の症状を説明していきます。

 

①中耳炎の原因

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法原因としては、風邪、鼻を強くかみすぎ、もしくは鼻をかまなかったため、飛行機に乗ったため、ダイビングや素潜りをした、飲酒、体調不良、ストレスなどにより起きるとされています。

子供がかかりやすいと述べましたが、耳管が大人の方が長いため、一度発症すると大人の方が治るのに時間がかかります。

 

②「急性中耳炎」の症状

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法大人と子供は多少、症状が異なります。

大人の場合、頭痛、耳が痛い、耳鳴り、聞こえが悪い、耳だれ、鼻づまり、めまいなどが見られます。

子供の場合、大人の症状に加えて、発熱を伴うことが多いでしょう。

また、乳幼児の場合、症状を訴えられないため、理由なく泣いたり、不機嫌になったり、耳を触ったり、食欲がなくなったりしたら、中耳炎を疑いましょう。

 

③「滲出性中耳炎」の症状

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法耳が詰まったような感じがして聞こえにくい、自分の声が響く、あくびをするとポコポコ音がするなどの症状があり、このころには痛みは治まっています。

子供の場合、テレビの音を大きくしたり、テレビに近づいてみたり、話す声が大きくなったり、読んでも気付かない、耳を触るなどの状況からこの滲出性中耳炎を患っているのではないかと推測できるでしょう。

中には、子供の場合、急性中耳炎に気付かず、この滲出性中耳炎へと進んでいることもありますから、風邪を引いた後などこのような症状がないかを注意してみてください。

放置しておくと難聴になったり、聞こえにくいため言葉の発達などに影響が及んだりすることがあります。

 

2.中耳炎に頭痛が伴うのはなぜ?

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法中耳炎は耳の病気なのに、なぜ頭痛が起きるのでしょうか?

中耳の炎症により、神経が圧迫されるためにその痛みが頭にまで伝わると考えられています。

そのため、我慢できないほどのひどい頭痛が起きることもあります。

 

3.「急性中耳炎」「滲出性中耳炎」の治療方法と注意点

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法急性中耳炎を放置していたり、鼻を強くかみすぎたりすると鼓膜が破れることがあります。

それで、中耳炎の症状が出たら、耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

中耳炎かどうかは、医師の問診と、顕微鏡や内視鏡で耳の鼓膜を見ることで診断が付きます。

それでは、急性中耳炎と滲出性中耳炎の治療方法をと注意点をご紹介していきます。

 

①「急性中耳炎」の治療方法

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法治療としては、抗生物質を服用することになるでしょう。

痛みが強い場合は、鎮痛剤も処方してくれます。

そして、鼻水の症状が伴っていることがほとんどですから、鼻処置といって鼻水を機械で吸い出すこと、ネブライザー処置という薬剤を吸入する方法などが行われます。

また、鼓膜が破れておらず膿が中に溜まっている場合は、鼓膜を切開して膿を出す処置をすることもあります。

破れた鼓膜は2~3日で自然にふさがります。

 

②「急性中耳炎」になっている時の注意点

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法急性中耳炎の治療期間中は、痛みや熱がある時は安静にしましょう。

そして、洗髪や入浴は医師が許可するまで控えてください。

鼻を強くかむことを避け、片方ずつ、そっとかみましょう。

しかし、鼻をかまずにすすることはもっと中耳炎の悪化につながりますので、鼻はかむようにしてください。

そして、痛みが治まったからと言って、自分で病院に通うのをやめてしまわないようにしましょう。

慢性的な中耳炎になったり、難聴を起こしてしまったりする危険もあるからです。

 

③「滲出性中耳炎」の治療方法

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法中耳の中に液体が溜まっている場合は、鼓膜に穴を開け、液体を取り除きます。

そして、耳管通気と言い、鼻咽喉の耳管開口部から空気を送り込んで耳管の通りを良くする治療や、鼓膜にチューブを挿入して通気を良くする方法などが取られることもあります。

 

②滲出性中耳炎は1週間から10日ほどで完治することが多い

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法大人の場合、急性中耳炎は、1週間から10日ほどで完治することが多いでしょう。

しかし、滲出性中耳炎になると、もう少し時間がかかります。

滲出性中耳炎の完治までは、個人差がありますが1ヵ月近くかかる場合が多いようです。

子供の場合は、上手に鼻がかめなかったり、免疫機能が低かったりするため大人よりも時間がかかり数か月かかることもあります。

 

4.すぐに病院に行けない時の対処方法

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法夜中などに中耳炎を発症して頭痛がひどい時などに、自分で行える対処方法はあるのでしょうか?

炎症していますから、耳の後ろや頭の痛い部分を冷やすようにしましょう。

鎮痛剤があれば、それを服用することもできるかもしれません。

そして、耳だれが出ている場合は、出てきた分だけふき取ってください。

自分で耳の中を触るのはやめましょう。

風邪と症状が似ていますが、風邪薬を飲んでも効果は得られませんから、飲まないようにしてください。

 

まとめ

中耳炎で頭痛が起きる?中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法頭痛も発症する中耳炎の種類と原因・症状・種類別治療法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

風邪の頭痛がなかなか治らないと思っていたら、実は中耳炎になっていたということがあります。

子供は特に風邪とセットのように中耳炎になりやすいです。

なので、風邪を引くと最初から内科ではなく、耳鼻咽喉科で耳も一緒に診察してもらっている親御さんも大勢おられます。

それも、中耳炎を早めに発見できる1つの方法です。

大人も中耳炎になることがありますから、風邪の症状が長引いていて、頭痛や耳痛が伴っていたら、早めに耳鼻咽喉科での診察を受けることをオススメします。

他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.