頭痛・偏頭痛

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

更新日:

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

頭がズキズキ、ガンガンするだけでも何も手に付かず辛いのに、吐き気がして最悪。

これは、頭痛持ちの方の多くの方によく見られる症状です。

しかし、これは様々な病気の症状、異常を知らせる体からのサインでもあります。

それで、吐き気を伴う頭痛が起きた場合、自分がどの病気なのかを把握しておくなら、重大な病気のサインを見逃さずに済みます。

では、そのサインは具体的にどういったものなのでしょうか?

ここでは、吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法のをご紹介したいと思います。

 

1.吐き気を伴う頭痛で一番多いのは「偏頭痛」

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

吐き気を伴う頭痛の中で、一番多く見られるのが偏頭痛です。

偏頭痛は、特に女性に多く男性の発症率の3倍、20代から40代の女性に多く見られるというデータがあります。

 

①偏頭痛が起きる原因や症状

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

偏頭痛は、睡眠不足や、疲労女性ホルモンの乱れストレスからの解放音や光や匂いなどの刺激などがきっかけとなり引き起されます。

症状としては、ズキズキ、ガンガンと脈を打つのに合わせて痛みが続きます。

片側、両側のこめかみや目の奥が痛むことがあり、そして吐き気が伴い、ひどい方は嘔吐する場合があるでしょう。

また、偏頭痛には前兆があり、数分から数十分前に、目の前に星が飛んだようにチカチカと閃光が見えたり、あくびが出たりという特徴があるので、他の頭痛と見分けやすいかもしれません。

 

②偏頭痛が起きる仕組み

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

先ほど挙げたきっかけにより、脳の血管が拡張します。

その血管の周りにある神経が刺激されて痛みが生じると考えられています。

 

③偏頭痛で吐き気が伴う理由

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

脳の血管が拡張して神経が圧迫され頭痛が起きます。

同時に、胃に関わる神経も同様に血管の拡張により圧迫されるなどするために吐き気や嘔吐などの異常が生じます。

 

2.吐き気と頭痛を伴う病気「うつ病」

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

吐き気を伴う頭痛として他に考えられる病気として、うつ病が挙げられます。

「心の風邪」と言われるほど、ストレスの多い現代には、誰もがなり得る病気で、日本では約13人に1人が生涯のうちにうつ病を発症するとされているほどです。

 

①うつ病とは何か

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

うつ病とは、気分の障害を基本症状としていますが、精神症状身体症状の両方が表れます。

身体症状としては、頭痛や吐き気以外にも、睡眠障害、食欲不振、倦怠感、動悸、過食、拒食などがあります。

精神症状としては、抑うつ気分や、思考停止、無気力、不安、むなしさを感じる、無価値感、自殺願望などです。

 

②うつ病で頭痛が生じる理由

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

うつ病で頭痛が生じる理由に関しては、まだ明確な根拠はありませんが、有力な理由としては、脳内にある「モノアミン」という物質の減少ではないかとされています。

「モノアミン」とは、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンを総称した物質です。

これらの物質は、気分を上げたり、やる気を出させたり、幸福感を感じたりする物質であると共に、痛みの原因を抑える働きをするので、うつ病の頭痛と関係しているのではないかとされているのです。

 

③うつ病で吐き気が生じる理由

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

うつ病で吐き気が発症するのは、胃の活動がストレスにより活発に動いていないという理由があります。

食べ物が胃に入っても、消化しきれないため吐き気が生じるのです。

 

3.吐き気と頭痛を伴うその他の5つの病気

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

他にもいくつかの吐き気を伴う病気があり、命に関わる重大な病気の場合もあります。

ここでは吐き気と頭痛を伴う5つの病気をご紹介します。

 

①高血圧

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

血圧が上がってくると、内側から圧迫されるような頭痛が生じ、突然嘔吐するといった症状もあります。

そして、高血圧は、くも膜下出血脳梗塞などの重大疾患の原因となるので、注意が必要ですから、病院での診察を受けましょう。

 

②くも膜下出血

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

くも膜下出血とは、脳の血管の動脈瘤破裂により生じます。

突然ハンマーで殴られたような強烈な激しい頭痛が生じ、吐き気や嘔吐、意識障害、呂律がまわらないなどの言語障害などの症状が伴います。

これらの症状が出たら、すぐに救急車を呼びましょう。

この病気は一刻を争う病気で早く処置をしないと命に関わり、後遺症が残ることも多いからです。

 

③慢性硬膜下出血

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

慢性硬膜下出血という病気は、転倒などで頭を打ったことで起きます。

その転倒した時はなんともなくても、2、3か月後に頭痛や吐き気、運動麻痺や意識障害と言った症状が出てくるのです。

転倒することが多い高齢者や子供に多く見られます。

急に、頭痛や吐き気が生じ、2、3カ月前に転んで頭を打ち付けたことがあるなら、病院で検査してもらいましょう。

 

④緑内障

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

緑内障とは、視神経に異常が起こり、視野や視力に障害が起こる病気です。

視野が狭くなる視野狭窄や、部分的に見えなくなる視野欠損といった障害などです。

緑内障の症状には頭痛や吐き気、眼痛、充血などがあります。

視野が一度欠けてしまった部分を戻すことはできないので、頭痛や吐き気以外に目の異常を感じる方は、早めに眼科へ行きましょう。

 

⑤妊娠によるつわりの場合

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

病気ではありませんが、吐き気が伴う頭痛は、妊娠初期のつわりの症状として表れることがあります。

女性ホルモンのバランスが乱れる時期であるため、その変化に体が付いていけずに頭痛や吐き気などの症状が出ます。

偏頭痛だと思って市販の鎮痛剤を飲んだりしないようにする注意が必要ですから、妊娠の可能性がある方は薬の服用に気を付けましょう。

 

4.吐き気と頭痛の解消するツボ3選

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

 

重大な病気の症状以外の吐き気や頭痛を和らげることができるツボがあります。

その症状を和らげるツボをいくつかご紹介していきます。

 

①外関(がいかん)

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

頭痛吐き気を和らげたり、乗り物酔いを抑えたり、眼精疲労にも効果があるとされているツボです。

手の甲側の手首から、指3本ほど下がった所にあります。

指の腹でゆっくりと強すぎない力で押しましょう。

つまようじやボールペンなどの先がとがったもので刺激するのも良いとされていますが、その際は、ケガに注意して行なってください。

 

②百会(ひゃくえ)

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

頭痛を和らげるのに役立つツボで、自律神経の乱れを整え、二日酔いにも効果的とされています。

頭の頂点にあり、押すと少しやわらかくてへこむ部分です。

1分ほど押してみましょう。

どこにいても押せるツボですから、ぜひ試してみてください。

 

③合谷(ごうこく)

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

頭の血流を促すという効果があるので、頭痛胃腸の不調にも効くとされているツボです。

親指と人差し指の骨の付け根の間の部分です。

親指の腹やボールペンの先でゆっくり押してみましょう。

気持ちよいと感じるまで3~5分押すと良いかもしれません。

 

まとめ

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気の症状・原因と解消法

吐き気を伴う「偏頭痛」「うつ病」と5つの病気をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

吐き気を伴う頭痛は、そのサインを見逃していると、重大な病気の発見が遅れてしまう恐れがあります。

自分で判断しにくいものもありますから、病院で診察を受け、正確な診断をしてもらうことも必要です。

吐き気や頭痛といった心や体の悲鳴をきちんと聞いて、体が発しているサインを読み取り適切な対応をして、辛い症状から抜け出せるようにしたいですね。

他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.