頭痛・偏頭痛

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

更新日:

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

 

頭痛と一言で言っても、痛み方、起きる場所など人によって症状は様々です。

こめかみのあたりが痛いのか、頭の前の方が全体的に痛むのか、後頭部が痛むのか、眉間のあたりが痛むのかなどと起きる場所は異なってくるでしょう。

そして、この起きる場所によって何の病気なのかを見極める助けにもなります。

命に関わる病気の場合もありますから、どの場所にどんな頭痛が起きるかを知っておくと、いざ、その病気が起きた時に役立つはずです。

では、どのような場所で頭痛が起きた場合に命に関わるような病気の可能性があるのでしょうか?

ここでは、頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法をご紹介したいと思います。

 

1.「頭の側面」が痛い場合の2つの病気

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

こめかみなどを含む頭の側面が痛い場合は、次のような頭痛が考えられます。

ここでは、「頭の側面」が痛い場合の2つの病気を紹介します。

 

① 偏頭痛

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

頭の片側もしくは両側の側面が痛む病気として最も多いのは、偏頭痛でしょう。

 

症状

ズキズキと脈に合わせた感じで痛みが生じます。

吐き気嘔吐下痢などを伴うことがあります。

そして、頭や体を動かすと痛みが悪化し、音や光、ニオイに過敏な反応を示すでしょう。

特徴的な面として、前兆があるという人がいます。

数分~数十分前にあくびをやたらとしたり、閃輝暗点と言って目の前がチカチカと光り、物が見えにくくなる現象が起きたりする場合があります。

 

原因

偏頭痛は、人混み、ストレスからの解放、寝不足、寝過ぎ、ホルモンバランスの乱れ、気圧の変化、空腹、特定の食べ物や飲み物などの様々な要因が引き金となり生じます。

これらの要因により、脳の血管が拡張し、周囲の神経を刺激するために痛みが生じると考えられています。

 

対処方法

偏頭痛は命に関わる病気ではありません。

しかし、頻度が多いとか、いつも市販の薬で痛みを抑えていて薬の回数が増えたという方は、頭痛外来や脳神経外科で検査をしてもらうことをオススメします。

偏頭痛と思っていても中には、重大な病気が隠されている可能性もあるからです。

病院で偏頭痛の診断が下っている方は、偏頭痛の症状が出たら、暗い静かな部屋で横になりましょう。

頭の痛い部分を冷却シートやアイスノンなどを使って冷やし、血管を収縮させることに努めることで痛みが和らいでくるはずです。

 

② 群発頭痛

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

頭の側面、特に目の方にかけて痛む時に考えられる頭痛として、群発頭痛があります。

 

症状

この群発頭痛は、非常に痛みが強く、目がえぐられるような痛み、きりで刺されるような痛みと表現されるほど、耐えがたい痛みだと言われています。

動き回らずにはいられない痛みです。

1~2ヶ月ほど毎日起こり、その後、半年から2~3年ほど経って再び痛みに襲われることが多いでしょう。

1回の痛みは、15分~3時間ほどで、明け方に生じやすいです。

他にも、目の充血鼻水が止まらないという症状が伴うことがあります。

 

原因

群発頭痛は、原因がまだはっきりと解明されていません。

しかし、アルコール喫煙気圧の変化(山登り、飛行機に乗った時)などがきっかけとして起きることが多いと考えられています。

 

対処方法

市販の痛み止めで抑えられる痛みではありません。

それで、頭痛外来、脳神経外科、神経内科などを受診するようにしてください。

トリプタン系薬剤などを用いた投薬治療が行われるでしょう。

また、純酸素吸入法と言い、医療用の純度100%の酸素を毎分7リットル15分間吸入するという方法で痛みを和らげる場合もあります。

 

2.「後頭部」が痛い場合は「緊張型頭痛」の可能性がある

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

後頭部の頭痛の場合は、緊張型頭痛の可能性が考えられます。

緊張型頭痛について説明していきましょう。

 

 緊張型頭痛

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

緊張型頭痛は、肩こりや首こりなどにより、首から後頭部にかけて締め付けられるような痛みが生じます。

偏頭痛ほどの痛みではなく、動くと痛みが和らぐという特徴があります。

 

原因

精神的なストレス身体的ストレスが原因で生じる頭痛です。

一日中、同じ姿勢で何かの作業をしたとか、不自然な姿勢のままでいた、パソコンやスマホなどを見過ぎて目が疲れたなどが身体的ストレスに含まれます。

これらのストレスにより筋肉が緊張し固くなるため、血流が悪くなることで、頭痛が起きるとされています。

 

対処方法

血流を良くし、筋肉をほぐすために肩や首を温めると良いでしょう。

温熱シート、濡れタオルを電子レンジで温めたもの、使い捨てカイロを貼る、お風呂で温まる、シャワーをあてるなどの方法を行なってみるのはいかがでしょうか?

また、肩を回したり、上下させたり、首を回したりするという簡単なストレッチをすることもオススメです。

また、精神的ストレスを解消するためにリラックスできることを行うことでも痛みが和らぐでしょう。

 

3.「後頭部から頭全体」が痛い場合の2つの病気

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

後頭部から頭全体が痛い場合は、命に関わる病気が考えられますので、すぐに病院での診察、検査を受けるようにオススメします。

 

①くも膜下出血

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

くも膜下出血とは、脳の表面にあるくも膜と軟膜の間にあるくも膜下腔が出血した状態を指します。

 

症状

ハンマーで殴られたような強烈な激しい頭痛が起きます。

さらには、吐き気嘔吐めまい意識を失うけいれんなどの症状が伴うでしょう。

 

原因

脳動脈瘤(脳の血管の一部が膨らんでコブができた状態)が破裂することで生じる場合が多いとされています。

他にも、事故や転倒などにより頭部が外傷を負った時、脳動静脈奇形からの出血などが原因で生じることがあります。

 

対処方法

すぐに救急車を呼んでください。

早い対応を取れるかどうかが、命を救えるか、後遺症はどの程度になるかに関わってきます。

軽度の場合であっても、麻痺が残ったり、言語障害が起きたり、記憶障害、意識障害などが残ることがあるので、一刻も早く病院へ行きましょう。

 

② 脳腫瘍

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

脳腫瘍とは、頭蓋骨内にできる腫瘍の総称です。

 

症状

頭痛、吐き気、嘔吐、意識障害、言語障害、視覚障害、手足のしびれ、麻痺などの症状があります。

朝起きた時に、頭痛を感じる人が多いとされています。

 

原因

脳腫瘍の発症の原因はまだ解明されていない点も多くあります。

脳腫瘍の進行を促してしまうものとして、過度なストレスヘビースモーカーであること、遺伝、タンパク質や高脂肪の食品の摂り過ぎなどが挙げられます。

 

対処方法

脳腫瘍ではないかと感じたら、すぐに脳外科で検査を受けましょう。

手術、放射線治療、化学療法、免疫療法などの方法が取られます。

悪性の腫瘍の場合は、生存率が低く、1年以内に死亡する率が高いとされていますので、早めに病院へ行くようにしてください。

 

まとめ

痛む場所で特定!頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法

頭痛の起きる場所ごとの病気の症状と対処方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

頭痛の起きる場所によって、いくらか病名を判断することができるかもしれません。

しかし、頭全体に痛みが生じる頭痛も多く、それらは命に関わる病気です。

ですから、頭痛がよく起きている方、特に頭痛持ちで病院に行かずに市販薬で痛みを抑えている方などは、病院で検査をして判断を誤らないようにすることをオススメします。

他にこんな記事も読まれています

-頭痛・偏頭痛

Copyright© 頭痛や偏頭痛による危険な病気と対処法【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.